Thinkbox Krakatoa PRO MX 2 for 3ds Max 2013~2015 64bit

¥12,000

KRAKATOAはCPUベースのソフトウェアです。64bit環境への高いレベルの最適化がされており、マルチスレッド処理、そして、ラップトップや、レンダーサーバーを含む、ハイスペックのグラフィックアクセレーションを搭載しない、Windows、LinuxもしくはOSXのオペレーションマシーンのでも使用できます。

KRAKATOAは数百万から数億のパーティクルでも処理とレンダリングできるように設計されており、要求されたレンダリング機能が必要とするメモリーフットプリントも最適化されています。ほこり、煙、泥、海洋表面の泡、プラズマや、あらにはソリッドオブジェクト等、自然現象を表現するために必要となる、膨大の量のパーティクルをかつてないほど高速に、取得、キャッシング、変形、修正、シェーディングとレンダリングできるパイプラインを提供します。

KRAKAROAは、同じソースデータを使用して、パーティクルとボクセル レンダリングモードを提供します。
マットオブジェクトに(もしくはからの)ボリューメトリックおよびアダプティブパーティクル シェーディング、テクスチャリング、ハイクオリティー パーティクル セルフ シェーディングとシャドーキャスティングをサポートします。パーティクル単位の散布、排出、吸収と密度のデータチャンネルと、様々なライトスキャッタリングモデルは最終画像の深いレベルでのコントロールを可能にします。モーションブラーとカメラの被写界深度効果は自然にサポートされています。

OpenEXRに固定されてないハイダイナミックレンジ出力を持たせ、ポストプロセスのために、様々なレンダーパスを含める事ができます。KRAKATOA SRとKRAKATOA MYはシャドウキャスティングとつや消しにDTEXマップを読み込めますKRAKATOA MXは他のレンダーとのシャドーの統合のために、OpenEXRベースのディープ透明度マップを実装しています。

KRAKATOAは、3ds MaxとMayaのネイティブパーティクルシステムと統合されています。また、他の3Dソフトウェアやシミュレーションアプリケーションとパーティクルを共有する、データ交換機能を有します。

KRAKATOA SRはRendermanの仕様にインスパイアーを受け、Pythonベースのインターフェースと、強力なC++APIによる3Dおよび2Dアプリケーション(SIdeEffects Hudini、The Foundry NUKE、Maxon Cinema4Dなど)レンダーとの接続が可能です。Autodesk Mayaと統合されているKRAKATOA MYも、このC++APIにより、ホストアプリケーションと深く、そしてシームレスニレンダラーと統合されています。

KRAKATOA MX および KRAKATOA MYはメモリやホスト3Dアプリケーションのシステムリミットを超える、数百万ものパーティクルをパーティクル分割処理方法で制作する機能を搭載しています。また、低解像度のパーティクルシークエンスを任意のパーティクルカウントの大容量のクラウドに変える、パーティクル再生増殖アルゴリズムを実装しています。

KRAKATOAは多くのサードパーティーアプリケーションでサポートされている、オープンで、コンパクトかつ柔軟な.PRTパーティクルデータフォーマットを実装しています。またそれに加えて、NextLimitのRealFlowパーティクルBINファイルフォーマットと、テキストファイルを読み込み、書込みができる多くのアプリケーションで相互に利用できる、汎用的で使いやすい、ASCIIカンマで値が区切られる、CSVフォーマットをサポートしています。

KRAKATOAは「スパーマンリターンズ」、「Journey 3D」、「G.I.ジョー」、「ニュームーン/トワイライト・サーガ」、「アバター」、「ハリー・ポッターと死の秘宝2」、「トランスフォーマー3」、「アベンジャーズ」などの映画やその他多くのTVシリーズや、ゲームでのビュジュアルエフェクト作成に使用されています。

 

商品カテゴリー: 商品タグ: